鳥長

アルパークに店があった頃は、よくここの焼鳥弁当のお世話になっていた。鶏好きに加えて、お袋がこの味を好んでいた。いつの頃からか、店を畳んで、現在は流川のこの店だけかな?東京では、六本木で焼鳥屋として店を構えるの高級焼鳥店(?)として有名らしい。確かに吟味された素材とタレだと思う。値段は、それなりの値段で、決してサラリーマンの味方とはいいにくい。カウンター越しに聞こえる他の客の会話から、広島へ出張に来た本社社員の接待としてよく利用されているらしい。もうすこしリーズナブルだとうれしいが、立地場所が場所だけにしかたないのだろうなぁ。と、店の前を通り過ぎて行く。
a0017914_231287.jpg

GRD2
[PR]
by ojaga2004 | 2010-07-04 23:12 | グルメ
<< まるや 新たな地を求めて >>