nandi

昔ながらのおっちゃんとおばさんのやっていた「ひやま」という店が、今ふうのカレー屋にかわった。場所は、中電の裏側、「歩いていこう」のはす向かい。脱サラで、東京からユータンされたマスターが開いたという店。ほどよい香辛料のチキンカレーは、ご飯とまざりやすいように粘度の無いスープに、香ばしいチキンがはいっているというもの。ライスはサフラン。付け合わせの野菜も見た目ほど濃い味付けではない。バリーエーションもそれほど多くはなく、カレーそのものを楽しんでもらおうと言うことなんだろう。場所柄ということもあってか女性の客が多いように感じた。食べ終わると、汗が吹き出ると言う事も無かった。メニューを見ると、まだまだ辛いものもあるようなので、次回は、もう少し辛いカレーに挑戦をしたいと思う。
a0017914_0335574.jpg

L−03C



a0017914_0324042.jpg
a0017914_0325712.jpg
a0017914_0331645.jpg

a0017914_032944.jpg

[PR]
by ojaga2004 | 2011-03-20 00:34 | グルメ
<< たまごまるごとプリン のりんさいくる >>