広島ええじゃん寿司

 最近知ったご当地料理に「ええじゃん寿司」というのがあるそうな.なんでも、広島菜と穴子のコラボレーションだとか。
 広島菜は京菜の一種で青菜の漬け物として、身時かな存在。ちょっとした箸休めにもいいし、よくお世話になっている.これに炊きたてのご飯があれば言う事はない。
 一方、穴子は瀬戸内海代表の魚として名を馳せている.宮島口に店を構える上野屋の穴子弁当は絶品だし、島内にも「和田」「ふじたや」など美味しいお店があると聞く。
 この2つをコラボするのはだから、美味しいに違いない.たまたま、今回それに似た料理を食する事が出来た。「似た」と表現したのはそれなりに理由がある。写真でわかるように具が穴子ではないのだ。これは残念だった。となると、この写真は「ええじゃん寿司」ではない。まさに「ええじゃんか寿司」である。ということで、本物の「ええじゃん寿司」に会える日を楽しみにすることにした。
a0017914_18405621.jpg

IXY810IS
[PR]
by ojaga2004 | 2008-03-16 16:11 | グルメ
<< 骨まで 体調 >>