<   2006年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

いちご煮

a0017914_12273365.jpg

とうとう見つけた「いちご煮」。話にはきいていたけど、缶詰があるとはしらなかった。あわびの汁になぜだかウニが入るという。なんと

素材だけからいうと、本当に贅沢だと思う。八戸の人は、毎晩これを食するのだろうか。それとも正月とかお客様とかのときだけ?

あわびとウニって組み合わせたら、その味はどんなんだろう?想像の味は、口の中を巡っていく。缶詰を眺めながら、味を想像する食べる前が、一番楽しいのかもしれない。

一缶一食分千円なりぃ




[PR]
by ojaga2004 | 2006-01-26 12:27 | グルメ

旭ポンズ

a0017914_12424611.jpg
ずっと追いかけていたこのポン酢、駅前福屋で偶然みつけた。

大阪で製造され、少数販売のため、入手困難。とか、大阪人はなんでもこれをかけて食べている。とか、いろんな噂をみみにしていた。

早速、一匙なめてみた。甘酸っぱい柑橘系とダシの味が広がる。ふむふむ。ということで、このポン酢を含めて3つの味で湯豆腐の食べ比べ。

結論から言うと、素材の味をよく引き立てる。香りもいいし、なるほど、ベストセラー。今度は水炊きに挑戦かな。いや、焼肉かな。と、迷ってしまう。




[PR]
by ojaga2004 | 2006-01-23 12:42 | グッズ

クエ

a0017914_7183267.jpg
噂にきいていた幻の魚「クエ」。これを食する機会に恵まれた。

体長が軽く1Mを超えるという大きな魚。いったいどんな味なんだろう。興味津々で一口。ふむふむ。魚の味自体はあまりしないが、かなり油の強い魚。口の中で魚の油が広がる。といっても癖はなく、さらっと食することができる。

食感はもちもちとして、なかなか歯ごたえがある。かといって、噛み残したり、飲み難しいこともない。ふーん、こんな味なんだ。

刺身で食べた後は、雑炊。おいしかった。でも、やっぱり河豚がいいかな。




[PR]
by ojaga2004 | 2006-01-23 07:18 | グルメ

手品

最近、手品に凝っている。仕事の帰り、ハンズに行ってみると、手品ブームのせいか、たくさんの手品セットを売っていた。子供の頃、手品セットを買ってもらって一生懸命練習したことを思い出した。
早速に2,3点購入して練習をしている。

道具にたよる手品は、道具がないとできないが、コインマジックなどは、いつでもどこでもできるので、楽しいかなぁと思って、練習をしている。

手先の器用さには多少の自信があるので、簡単なものはそこそこマスターしたが、本格的なものはかなりの練習が必要である

。この練習時間は、通勤のポケットの中で行う。コインマジックの指の練習などは、いつでもどこでも可能である。

先日、職場の新年会で披露したところ、結構喜んでもらえた。来年の新年会までには新ネタの準備かな。

この店にも時々行く。
[PR]
by ojaga2004 | 2006-01-22 10:54 | いろいろ

オクラチョコレート

a0017914_14185746.jpg
高速道路のとあるSAで購入したオクラチョコ。ちょっと興味があって購入。オクラなどは、乾燥野菜としてよくみかけるが、それにチョコのトッピングとは???

一口食べて「うーんミスマッチ」

ジンギスカンキャラメル
までは、まずくはないが、おいしいとはいえないと思う。確かに口の中では、オクラが再現され、あの独特のネバネバ感まで戻ってくる。でもチョコの甘い味もする。

同僚のNさんに食べてもらったところ「おいしいじゃない」の一言で、見事残りはすべて感触。こっちは目を白黒。

どういったコンセプトでこういったものが商品化されるのかよくわからないが、日本って広い国だなぁ。って思った。




[PR]
by ojaga2004 | 2006-01-21 14:18 | グルメ

「一風堂(大名店)」

a0017914_18434415.jpg
念願だった「一風堂」へ行って来た。天神のにぎやかなとおりからちょっと入ったところ。威勢のいい掛け声とおいしそうな店の造りに人気の高さを感じた。

注文したのは、「かさね(?)」。この店だけのオリジナル。さすが博多だけあって、スープは豚骨味がしっかり。かといって、そんなにごてごてもしていない。魚系(あご?)の香りも漂う。

全体的にはどちらかというとむしろ塩味が濃いと感じた。スープに絡む麺は中太だったが、そんなことを感じさせず、一気に食べた。うまかった。

我馬の大将がここで修行を積んだというが、まさにそのとおりだと思った。メニューの内容、品揃え、のれんわけという感じだった。唯一の違いが、塩の濃さ。そして、醤油風味。

九州全体にいえるのだが、塩味が濃いという感じがしている。でも、満足の1日だった。




[PR]
by ojaga2004 | 2006-01-14 18:43 | グルメ

刺身

a0017914_12215775.jpg
いつものお気に入りの「宝」にて。

刺身の魚の鮮度は、目の玉でわかる。目が黒い(?)ほうが生きがいい。アジなどは、てきめんである。

じゃあ、おいしい魚は??答えは小顔だそうだ。小さな顔で身体が大きいほうがおいしいとか。そういったノウハウは料理人じゃないとわからないよね。でも、いいことを教わった。




[PR]
by ojaga2004 | 2006-01-11 12:21 | いろいろ

ジンギスカンキャラメル

地元のデパートで北海道展が開催されたので、買ってきたジンギスカンキャラメル。これがまずい!とにかくまずい。キャラメルの味はするけれど、にんにくや肉汁(?)の味もする。だから、キャラメルに焼肉のたれを絡めて食べていると思って食べる。でもまずい。

時々、高速のパーキングで食べる「目覚まし系」にも目を覚ますためにまずい飴があるが、それともまた違うまずさ。

ネットで「ジンギスカンキャラメル」で検索してみると、出てくる出てくる。おまけにこんなページあんなページもみつけてしまった。




[PR]
by ojaga2004 | 2006-01-08 10:57 | グルメ

「はりがね」

a0017914_17375137.jpg
広島のラーメン戦争が始まって、おおよそ3年だろうか。火をつけたのは我馬。それまでとんこつしょうゆが中心だった広島に一気に博多風がひろまった。それを契機にあっというまに、ラーメン店が矢継ぎ早に開店した。が、その多くはチエーン店だったり、大手資本がバックにあったりと大型のラーメン戦争である。

激戦区は繁華街が中心だったはずが、どうも最近は舟入(ふないり)地区にも飛び火している様相。この店はその舟入にある一軒。

小さな店構え。カウンターが10名、4人がけテーブルが1つ程度。中は黒一色。どんぶりも真っ黒。Pなし(近所に100円P有り)。

でてきたラーメンはまさに博多ラーメンの広島風。確かに醤油の味が加わっているため、真っ白なスープではないが、博多の味。広島でこの手の麺とスープに出会えるとは思わなかった。チャーシューはそこまでうまいとは思わなかったが、結構な面積である。

再訪したい店である。




[PR]
by ojaga2004 | 2006-01-07 17:37 | グルメ

とろ肉ラーメンは別皿盛り付け

a0017914_12322856.jpg
山頭火の「とろ肉ラーメン」、前からちょっと気になっていたお店。1頭から数グラムしかとれないというトロ肉を出すという。一杯1100円なり(驚!)

確かに、トロ肉を食すと口の中で高級な角煮を食べているように溶ける感じがする。おいしいとは思うが、わざわざ別の皿に盛って出す意味が??。結局食べるときは、めんの上に乗せるし、なにより、お肉のおいしい肉汁がラーメンの汁に溶け出すことがない。肉の脂の融解温度の関係?

別皿の盛り付けに、疑問を感じて店を出た。



[PR]
by ojaga2004 | 2006-01-06 12:32 | いろいろ