<   2006年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

鉄人ラーメン

a0017914_123589.jpg

鉄人といっても衣笠じゃない。どうしてこの名前になったのかわからないが、久しぶりにうまいラーメンに出会った。薄口醤油の鶏がらだけど、これがうまい!とにかくうまい!あっさり味に鳥の香りが上品に口の中にときめく感じ。絶対にオススメの一軒。

店は、かたことの日本語を話す若い二人がきりもりしている。ラーメンを頼むと、チャーシューをバーナーであぶる。メニューもラーメン以外に結構たくさん。

あれこれ調べてみるとこの店、リーガロイヤルの中華の流れを汲んでいることが、わかった。なあるほど、これはホテルの中華か。だからうまいわけだ。といっても本家の味は食べたことがない。

場所は、三川町とうかさんそばのラーメン横丁の中の1件。今度はしらふでラーメンだけを楽しみに行きたい。ねぎラーメンもおいしそうだった。


[PR]
by ojaga2004 | 2006-04-26 12:35 | グルメ

香龍

a0017914_1342066.jpg

前から気になっていたこの店、知り合いが薦めたので、ちょっとお邪魔してみた。

小ぶりのラーメン鉢にちょくちょく出会う回数が増えてきた。この店も、どうも鉢が小さいのではないかと思うのが第一印象。

黒、赤、白と3種類あるが、頼んだのは黒。味はというと、鶏がらダシと魚系をミックスした昔ながらのしょうゆ味の中華そば。ういえば、子どもの頃は、こんなラーメンだったなぁ、という感じ。麺もそんな感じ。もちろん、当時と比べればずいぶん洗練されているとは思う。それなりに満足のする味だが、値段が多少張るのと、後味に化調が残ったのがちょっと・・・。

店自体は清潔感があふれ、サービスもばっちり。




[PR]
by ojaga2004 | 2006-04-22 13:04 | グルメ

タイトルの変更

夜の帳がおりるころ、なんとなくムフフ。

たいしたことはないんだけどね。でも、なーんとなくフフフ。

いろんなこと想像しちゃう。

頭の中はパンクしそうなぐらい、いろんなこと創造しちゃう。

どんなことかな、ナイショ。

っても、想像通り。(^_^)

でもって、この想像。朝日を浴びると、溶けちゃう。

あーあ

さあて、今日も一日がんばるぞっ、てね。
[PR]
by ojaga2004 | 2006-04-20 21:01

青色のご飯はどんな味?

確かに食欲と色は関係があると思う。というか、色が脳に与える影響は結構なものがあると思う。。性欲だって色に関係があるし・・。

ネットをうろうろして見つけたこの青色ふりかけ。うーむ、確かに食欲をそそらないなぁ。とボクは思う。まるでカクテルみたい。でもご飯でしょう?

きっと目で味わう味と、下で味わう味のギャップに苦しむ(楽しむ?)のではないかなぁ。だからダイエットになる??

見つけたら挑戦してみたいと思う。
[PR]
by ojaga2004 | 2006-04-19 19:22 | グルメ

異動

4月に異動して、通勤方法がマイカーに変わった。手当てはでないが、確かに身体が楽。なにより、いくら遅くなっても、どんなにいそがしくても自由に移動できるという精神的なゆとりが生まれた。

もちろん、町にはタクシーがあふれているが、どうしてもかゆいところに手が届かない。みんなそう思うから、マイカーが街にあふれるのだと思う。

車社会となった今、確かに車は便利だと思うが、インフラにしてはいけないと新たにおもいつつ、今日もハンドルを握るのサ(^_^)
[PR]
by ojaga2004 | 2006-04-18 19:45

フォアグラ

a0017914_12515567.jpg
肥大したアヒルの肝臓。ちょっと甘くてクリーミーで、バターで軽くソテーしてあるだけで、結構オイシイと思う(年齢になった)。昔は、今以上に超高級品で、せいぜいペーストしてあるものをフランスパンにほんの気持ち塗ってあるのを食べて喜んでいた。

肝臓はフォアグラに限ることなく、オイシイと思う。河豚(おっとないしょ)もだし、ハゲもオイシイ。牛のレバーも、高級なものになると癖もないし、本当に口の中でとろけるおいしさ。食感としてはこの上ないと思う。

大根とあわせてフォアグラ大根もなんか和洋折衷でとても面白いと思う。でも、毎日、こんなもの食べていたら、ものすごくカロリーが高くつくだろうなぁ。

だから数年に一度、食べるのがいいのさっ!(貧乏人のヒガミ)




[PR]
by ojaga2004 | 2006-04-17 12:51 | グルメ

芸州と芸州

芸州というのは、ちょっとした料理のチエーン店。何軒かある。結構お気に入りで、ホテルの中の芸朱は料理もオイシイし、値段もそこそこなので、よく使っている。もちろん、人にも勧めている。

先日、歓送迎会が行われた。場所は芸州ときいて、こ喜び。やったぁ、おいしいものが食べられる。
ところが、いつもと違う点がある。何かというと、店の場所。同じチエーン店なのだが、いつも使っているホテルの店ではなく、別の場所にある。

同じチエーン店だから大丈夫だろう、と意気揚々と訪れたが、あれ??。これって本当におなじ店?板さんがちがうからだろうか。料理の質も味も全然違う。がっかりだった。

チエーン店だから同じと思い込んでいた自分に改めて後悔した。思い込みはアキマヘンデー。




[PR]
by ojaga2004 | 2006-04-08 23:19

ホテルの中華

a0017914_12252768.jpg
今年の歓送迎会もホテルの宴会場で行った。料理は趣を変え、中華にした。なぜなら和食だと、だいたい似たような感じになるからだ。

油がきついから胸焼けがするかと思ったが、さすがホテルの中華。うまい!改めてシェフ(誰だろう)の腕に驚いた。そんじょそこらの腕前ではない。

横浜、神戸に行けば、それこそ本格的な中華が食べることができる。さりとてそう簡単にいくことにはならない。案外ホテルの中華は穴場だと思った。大満足の歓送迎会であった。




[PR]
by ojaga2004 | 2006-04-04 12:25 | グルメ

エイプリルフール

4月1日には嘘をついてよい。といういわれがある。嘘をつくにもいろいろなレベルがあり、オーソンウエルズではないが、火星人来襲などの、誰がきいてもわかるものから、現実逃避のための生活的な嘘もある。

嘘をつくこと自体は、それ自体ではあまり問題ではないと思うが、一番問題なのが、その嘘によって引き起こされる数々である。それこそ、「なーんだ」という笑いが起こるような嘘なら生活にユーモアと笑いを引き起こし、潤滑油となる。

車のハンドルの遊びではないが、ほっと息を抜く嘘が欲しいと思う。
[PR]
by ojaga2004 | 2006-04-01 19:24