東洋工業

現在のマツダ。内部は、近代化されているのだと重いけど、外装は、昭和40年代(もしかするともっと以前?)から全然変わっていないようにみえる。工場らしい三角の屋根が連なる姿は、本当に懐かしく思う。いずれは、この形も消え去って真四角の工場になるのだろうなぁ。
a0017914_15384060.jpg


More
[PR]
# by ojaga2004 | 2011-03-06 15:39 | グルメ

アーバンビュー グランドタワー

都心ではめずらしくもないかかもしれないが、広島ではとっても珍しい高層ビル。高さ166m、43階立て。初めて訪れた。ビル下から見上げると、それはそれは、首が痛くなるほどの高さ。近隣に高層ビルがないから、そびえ立っている。12階以上は分譲マンションになっている。決して住む事は無いだろうと思いながらも、高層階からの眺めはいいんだろうなぁ。地震になったら怖いだろうなぁ。花火大会は見えるのかなぁ。駐車場迄何分かかるのかなぁ。ゴミはどうするんだろう。生活色を考えながら眺めていた。世の中には高層ビルが大好きなビルヲタクという人々が居るらしいが、なんとなくわかるような気がした。
a0017914_1304358.jpg


More
[PR]
# by ojaga2004 | 2011-02-26 13:03 | いろいろ

ホタテ貝

北海道からホタテ貝が届いた。ホタテ貝を殻付きで調理する事などないから、ネットでいろいろ調べてみた。食べてはいけない部位があることも知った。こういった時は、本当にネットは便利がいい。せっかくなので刺身でいただくことにした。牡蠣と同じ2枚貝のようだが、こうまで形が違うとは、なかなか面白いと思う。殻を開くのに手間取ったが、やっぱり新鮮な貝はうまい。冬は、魚介類がおいしい。地方によっていろいろと違うが、それが、また楽しみ。
a0017914_9151680.jpg


More
[PR]
# by ojaga2004 | 2011-02-24 09:16 | グルメ

青春

仕事帰り、シャレオの地下で古本を販売していた。気がつくと、買っていた1冊350円。当時の価格(400円)より安い。付録がないからなのかもしれない。ページをめくるとアイドルの写真がたくさん。自分の世代では無いけれど、見たことのある顔がちらほら。それ以上に好きなのが広告。そうそう、こんなの売っていたよなぁ。タイムスリップするには十分。「明星」「平凡」お世話になったけど、両誌とも肺肝じゃなかったっけ?
a0017914_2322077.jpg

よっぱらってピンぼけだぁ。GRD2

More
[PR]
# by ojaga2004 | 2011-02-22 23:23 | グッズ

錦帯橋

久しぶりの錦帯橋。何年ぶりかなぁ。子供の頃、この橋の傾斜がこわくてわたれなかった記憶がある。釘を1本もつかわないこの橋は、みごとなものである。先人の智恵は素晴らしい。天気がよかったせいもあってか、観光客がひっきりなし。のんびりとした休日をすごすことができ、心は少し充電したかな。
a0017914_23192030.jpg

L-03C

More
[PR]
# by ojaga2004 | 2011-02-21 23:22 | 写真

山賊

久しぶりに山口県の山賊へ行ってみた。学生時代、いや、それ以前からある店で、本当に息が長い。一度、火事で焼失したが、見事に復活した。ここのオススメは、山賊焼き。最近Z型の足には出会わなくなったが、甘辛いタレに絡めた鶏の足は絶品である。かぶりつくと至福の一時。

皇(すめらぎ)牛と言われる、牛肉もあるが、こちらは、私にはちょっとあわなかった。そういえば流川に以前、「大学」という店があり、ココでも皇牛を出していたけど、同じ系列なのだろうか?

鶏の足の付け合わせはもっぱら、山賊うどんと山賊ムスビ。屋外のこたつで食べるのが、また風情があり、季節を感じるにはとてもいい感じ。暖かいこたつに足を入れて、ほほに冷たい風を感じれば、オープンカーの世界?だから夏よりも寒い時期がこたつが楽しめるのでオススメ。

敷地内の川沿いに登って行くと、ちょっと変わった観音さんに出会う事が出来る秘境がある。
a0017914_22352140.jpg

L−03C

More
[PR]
# by ojaga2004 | 2011-02-20 22:38 | グルメ

酒菜房わに

大手町の中央郵便局と国泰寺高校の間にあるこじんまりとした店。カウンターが数名とテーブルが数席という小さい店だが、昼は800円の定食が大人気ですぐにいかないと、店内に、入れない。中にはタクシーで乗り付けてくる客もある。今日は、「晩酌セット1200円」という看板に引きずられて、夜に訪れてみた。

晩酌セットは料理が5品と飲み物が1つ。周囲はオフィス街なので、こういった晩酌セットはちらこちらの店にある。本当は、リーズナブルのはずだが、ついつい、ボルテージが上がってしまい、高くついて、「あーあ」というのはいつものことである。今日は、追加で焼酎を一杯飲んでしまった。

軽いジャズが流れる中、マスターが一人で、調理からホール迄やっていた。詳しく話をした事は無いが、マスターの舌は確かなものだと思う。出汁や下味がしっかりできているので、何を食べてもうまい。特に揚げ物は温度調整が抜群。今日の5品はこれ。晩酌セットは日替わりではないようなので、毎日通わないようにしよう。
a0017914_23514876.jpg

L-03C

More
[PR]
# by ojaga2004 | 2011-02-20 00:15

汁なし担々麺(国松)

YMCAの前にある国松。汁無し担々麺では、特に有名だ。いろんな伝説があるみたい。昼間に訪れたが、伝説を確かめようとしている客(?)が券売機の前に列を作っている。およそ10分もまったかな。カウンターに座る事が出来た。周囲を見回すと、ほとんどが汁無し担々麺。人気メニューである。

出てきた担々麺は、汁がなくなるまでかき混ぜて食べる、とメニューに書かれていたので、しっかりと混ぜた。少し固めの癖のある麺は、辛みの出汁とよくあう。辛いのは辛いが、後を引く辛さ。というか、こりゃ、癖になる。人気がわかるような気がする。気がつくと、顔から汗が噴き出していた。いい感じの汗。残った汁にご飯をいれてたべるとまたこれが美味い。出汁が足りなきゃ、机の上に、ある。酸味のある香辛料もあった。

クニマックスという激辛もあるらしいが、真夏に汗をかきながら食べるのもいいのかもしれない。ただ、個人的にはやっぱりラーメンにはスープがほしい。別添えでもいいからわかめスープでもあるといいのになぁ。
a0017914_23195532.jpg

L-03C

More
[PR]
# by ojaga2004 | 2011-02-18 23:21 | グルメ

ヴォーノ

鉄砲町を歩いていて、「トマトラーメン」という看板を見つけた。引かれて入ったのだが、トマトラーメンは15:00−ということで残念。せっかく入った店なので、ランチをいただくことにした。小さな店だったが、あっというまに満席になってしまった。パスタランチの中身は、日替わりで、内容もよくわからないままにたのんでしまった。というか、それしかないみたいだった。今日は、野菜のトマトソース仕立て。多くの野菜とトマトの酸味がうまくからんで、貝の味とマッチしていた。パスタ自体は柔らかめだったが、野菜やソースが美味い。改めて、パスタはソースで食べるもんだということを認識した。パスタ、パン、サラダ、コーヒー、デザートが付いて800円。なんとリーズナブルなことよ。店内には、花も飾られて、賑やかな雰囲気を醸し出していた。今度は、ぜひ、トマトラーメンを食べに行ってみたい。
a0017914_2253596.jpg

L−03C

More
[PR]
# by ojaga2004 | 2011-02-17 22:56 | グルメ

やよい軒

久しぶりのやよい軒。ここは、サービスも料理も質が安定しているので、安心感がある。早めにいかないと列ができるのも納得。ただ、店の中の動線が難しい。ループではなく、一筆書き状態なので、お茶やご飯のおかわりをとりにいくのが大変だ。ともすれば、待ち客の中を、おっと失礼状態で、茶碗をもって歩く事を余儀なくされる。それがなきゃ、いいのにな。今日は、牛のバラ肉の焼き肉。最後のあたりは、脂がしんどくなってきた。若い頃はこんなプレート2枚ぐらいぺろりだったのに。最近は、脂がだんだんときつくなり始めてきた。身体が要求していないのだろう。
a0017914_2363120.jpg

 L−03C

More
[PR]
# by ojaga2004 | 2011-02-15 23:08 | グルメ

ウイルス対策ソフト

基本的にマックユーザーなので、現在のところウイルス対策ソフトには縁がない生活を送っているが、さりとて現況を考えれば、ウインドウズを使わなければならない状況でもあるので、ひっそりとウインドウズマシンがある。確定申告や住基ネット関連は、マックではまだまだ敷居が高いから仕方が無い。職場でもウインドウズマシンなので、それほど使う事に違和感は無い。

ところで、我が家で使っているウイルス対策ソフト、今迄はウイルスバスターを使っていたが、そろそろ更新の時期になってきた。ネットで色々と調べてみると、かつて御三家と行っていた、バスター、ノートン、マカフィーが崩れつつある。値段も3年契約だったり複数台数だったりと投げ売りとも言える感じである。この業界も浮き沈みが激しそう。

実は、職場のマシンにもバスターが入っているのであるが、ちょっとしたトラブルに見舞われた。というのは、あるウイルスにマシンが感染し、感染を見つけてはくれたものの、退治が出来なかったのだ。これは、ショックだった。感染を見つけたなら、削除なり、隔離なりしてくれるとばっかり思っていたが、そうではなかった。何日かかかって、ひとまず自力で処理はしたものの、万能ではないということを改めて感じさせらた。

そういこともあり、今回の更新はちょっと控え、他社を使ってみようと思い。あれこれ調べた結果、カスペスキーを使ってみる事にした。面白い事に、乗り換えてスキャンすると、早速にウイルスを検知。今迄のバスターではみつけることができなかったということになる。ウイルス対策ソフトは、複数のアプリを同時に動かす事が出来ないため、どうしても、1社によりかかってしまう。どちらがどこまで正しいのかよくわからないが、ひとまずは、カスペルスキーで走ってみる。
[PR]
# by ojaga2004 | 2011-02-13 22:26 | グッズ

金田屋 和田党 新天地店

宝町に店があるのは、知っていたが、なかなか行く事ができなかった。1月になり、新天地へ店ができたので、これなら飲んだ後に行く事ができる。場所はアサヒビール館を流川方向へ入ってすぐ。寿司の川越の手前。あのあたりは、最近、ラーメンの激戦区。是非、がんばってもらいたい。

カウンターだけのこぎれいな小さな店。メニューも実にシンプル。まずは、定番の黒豚ラーメンを頼んでみた。麺はそこまで細くはないが、十分に楽しむ事ができる。スープは、濃厚。我馬や一風堂とも違う。強いて言うならば来頼亭に似ていると思った。濃厚なスープに麺を絡めて食べるのは、いいねぇ。半分ほど食べたところで、いつものように高菜を入れて、高菜ラーメンを楽しんだ。ラーメンに海苔が入るのは関東式?。海苔もチャーシューもしっかりとラーメンを引き立たせていた。

ところで、何で和田党っていうんだろう?

a0017914_1426635.jpg

L-03C(こういった時は、別にカメラを持ち歩かなくていいので、うれしいねえ。)

More
[PR]
# by ojaga2004 | 2011-02-12 14:29 | グルメ

L-03C

気になっていたケータイ。ええいままよって、人柱状態で買ってしまった。ドコモがちょっと変わったケータイをだすなんて、ちょっと不思議。おもいっきり売れなくて値段が下がるか、少量ロット生産ですぐにうりきれるか、どちらかだと思う。

これで、鞄の中のGRDは持って歩かなくてすむようになるかな。この手のギミックがたくさんあるので、重たくて仕方ない。ちょっとでも軽量化をしなくては。レンズはペンタックス、カメラユニットはサンヨーらしい。

しっかし、デザイン、よく似てるなぁ。a0017914_23272477.jpg

More
[PR]
# by ojaga2004 | 2011-02-10 23:28

叙々苑 2

その後、昼に行く機会に恵まれたので行ってみた。昼と言うのに、店に入るに列が出来ているのには驚いた。頂いたのは昼の定食(1350円)。飲み物(150円)を付けてしまったが、わかめスープが付いているので、不要だと気がついたのは、後の祭り。一人で4人がけのテーブルを利用するのは、少々気がひけたが、早めに退散することにした。出てきた肉は、さすがに美味い。値段から考えるとこの薄さは仕方ないが、きちんと肉の味がしている。店のタレも、肉の旨味を引き出すためには、十分な脇役である。この値段で、実際に網で焼いて、満足のいくサービスを受けてとなると、確かに列が出来るのは、当然だ。こういう店で自腹で腹一杯肉が食べることができるようになる日は、いつのことだろう。
a0017914_0203297.jpg


More
[PR]
# by ojaga2004 | 2011-02-07 00:21 | グルメ

フカヒレ姿入り麺(接筵(せつえん))

仕事帰りに、よく行くそごうのデパ地下の中華コーナーの一角に、イートインがあるではないか。何があるのかと見てみると、なんとフカヒレが丸ごと1枚はいった贅沢なラーメンがメニューに。テレビではみたことがあるが、まさか広島で、と思い値段と財布とでにらめっこしていたが、やっぱり一度は食べてみないとね。ということで、こっそりと食べに行ってみた。フカヒレ自体は、中華のコースでスープとして何度もお目にかかって入るが、どろっとしたスープのなかに、モヤシのように漂っているフカヒレは、一体どんな味なんだろうといつも思っていた。今回は、丸ごと一枚はいっているので、その正体を確かめる事が出来ると意気込んでいた。店自体はカウンターとテーブル席が数席とそれほど広くはないが、厨房もホールと同じぐらいの面積があるのには驚いた。カウンターのガラス越しに調理の様子も見る事が出来る。

「フカヒレ姿入り麺」には、確かに丸ごと一枚フカヒレが入っていた。箸でつまもうとしたが、これが結構柔らかいためつまむ事が出来ない。さらに餡がかかっているので、レンゲですくって食べるという状態だった。肝心の味であるが、正直言って、主張していない、というか、フカヒレの良さは、その食感とコラーゲンの多さであると思われる。フカヒレの大きな塊をたべてはみたものの、それほど美味い物ではない。しっかりと味を付け、柔らかく煮てこそフカヒレがおいしい。ラーメン自体も、中華料理屋のラーメンで、鶏ベースの醤油味であり、ラーメン店のラーメンとはちょっと違う。鼻の奥に、エイヒレの香りが漂っているなぁ。と、自分に答えを出しつつ、次回は、学生時代におせわになった「マーボラーメン」に挑戦することを誓って店を後にした。この店、穴場かもしれない。
a0017914_23513623.jpg


More
[PR]
# by ojaga2004 | 2011-02-03 23:52

柚子

親戚の家に柚子の木があって、これがよく実る。黄色と緑で見た目も奇麗だし、なにより香りがいい。しかし、柚子ってのは、思った以上に消費しない。煮物などの料理か鍋の付け汁。一人で1週間にせいぜい1−2個。大量にとれた柚子は、お風呂行き。これまた湯上がりがいい香り。
a0017914_0242860.jpg

[PR]
# by ojaga2004 | 2011-01-25 00:24 | いろいろ

帰る

仲の良かった友達が、先に帰ってしまった。年齢からいえば、順番抜かし。いかんよ、ルールを破っては。まだまだ志半ば。家族も無念だったと思う。どうしても、息を止めても、逆立ちしても、できないものはできない。世の中には絶対とか100%というものがある。先に帰った分、後からおっかけるみんなのために、ナビゲーションをよろしく。今からも俺たちの関係は全然かわらない。ただ、会う事ができなくなったという1つの事実は除いて。
[PR]
# by ojaga2004 | 2011-01-24 09:42 | いろいろ

スーツァンレストラン 陳 

アーバンビューグランドタワーにあるスーツァンレストラン陳 は、日本にマーボ豆腐などの四川料理を伝えた陳建民の長男で、テレビや料理本などでもお馴染みの“中華の鉄人”「陳建一」がオーナーシェフを努める本格四川料理店ということで、有名らしい。そごうデパートから四川飯店が模様替えをしてこちらに移転した、と考えても間違いではないらしい。開店当時は、その高価な値段にもかかわらず、 予約で一杯ということで、敬遠していたが、このあいだの叙叙園ではないが、昼間ならもしかしてと思って訪れてみた。

ランチタイムは、そこまで高くはない(といいながらも1000円は超える)ので、えいって思い切って入ってみた。今回は、ネギソバ&五目チャーハン(ハーフ)(¥1575)を頼んでみた。店内のインテリアも凝っており、それなりの雰囲気で感じもよい。頼んだネギソバだが、どうもしっくりこなかった。麺を箸でもちあげても、何度も団子になるし、なんとなくやわらかい。スープも透き通ってなく、表面のネギ油も膜が張るほどないので、ちょっと期待はずれだった。四川飯店時代の方が、うまかったと思う。逆に、おどろたいのがチャーハン。さすが中華料理屋のチャーハン。広島でここまでの味のチャーハンを食べた事が無いので驚いた。ご飯のぱらつきかげんといい、塩加減といい最高だった。

そうだ、陳さんはマーボ豆腐のプロだった。今度はマーボ豆腐かチャーハン(¥1050)を単品で食べに行こう。

a0017914_2352752.jpg

料理の写真撮影とネットでの公開許諾をお願いしたのだが「さぁ(どうなんでしょうか)?」としか答えが無かったので、料理の写真は無い。

More
[PR]
# by ojaga2004 | 2011-01-19 23:07 | グルメ

くわい

おせち料理には欠かせないクワイ。芽が出る縁起物。福山市が日本全国の8割をまかなっているらしい。それにしても、意識していないためか、正月以外では出会う事は少ない。ちょっと苦くて芋のような食感は他のものには代え難い。煮物もいいが、カラッと揚げて、塩をまぶすのも絶品。
a0017914_23335653.jpg

[PR]
# by ojaga2004 | 2011-01-18 23:33 | グルメ

鳥取の友人から、蟹を頂いた。シーズンということもあって、旨い。それにもまして驚いたのは、重い。身がぎっしり。それだけに、食べごたえはバッチリ。蟹と言っても渡り蟹は、こちらでも食べる事は多いが、さすがにズワイや松葉は、ほとんど食べる事がないl。だってどう財布と相談したって、どうにもならないからだ。こうやって送ってもらう時しか、蟹とはつきあうことはないが、やっぱり旨い。こういう贈り物はいつでも大歓迎。足がはみ出す蟹汁は初めてだぁ。
a0017914_23511490.jpg

[PR]
# by ojaga2004 | 2011-01-17 23:51 | グルメ

牡蠣「船富水産」

広島に住んでいながら、スガキ(生ガキ)は、あたるのが怖くてなかなか食べられない。あっちの牡蠣打ち場、こっちの牡蠣打ち場とフラフラと探しているのだけど、なかなかピンとくることが無かった。今回は船越にある「船富(ふなとみ)水産」に行ったが、期待ができそう。こういった情報はまずは、口コミが一番重要。そして、実際に牡蠣打ち場へ行く事が大切である。。行って、話を聞くと、自分のところの牡蠣について、きちんと説明していただいた。今年の猛暑で牡蠣の生育が遅れていること。牡蠣を揚げた後の処理の事。そして調理方法。良いところも気をつけなければならない事も、きっちり話を聞く事ができたことで、大きな安心感が生まれる。対応してくださった美人の女性も言葉丁寧で、感じがよかった。

早速にスガキ(というか生ガキに自家製のゆずと醤油を落としただけの簡単なもの)、牡蠣フライ、牡蠣のみそ汁と牡蠣三昧を楽しんだ。久しぶりに、安心して、旨い生ガキを頂いた。カキフライもこれまた美味い。こだわりの牡蠣である。味の濃い、とってもオイシイ牡蠣だった。また行かなくてな。いいところを教えてくれた友達に感謝。
a0017914_1433090.jpg


More
[PR]
# by ojaga2004 | 2011-01-16 14:40 | グルメ

まぜ麺 おっくん堂

広島の新名物として、つけ麺につづく「まぜ麺」というのができたそうな、ということで早速に食べに行ってみた。場所はNHK広島から南下して5分。時々お世話になる八起ラーメンの並び。いつも店頭に店員さんが出て客を呼び込んでいるのが気になっていたこの店、この寒いにも関わらず、店頭で声かけをしているのには、驚いた。

まぜ麺は、つけ麺とは違い、最初から少なめの出汁が入っている。その少なめの辛めの出汁に麺や具材を絡ませながら食べる趣向だった。どうしてもつけ麺の辛いイメージがあったので、最初はちょい辛の1番にしたのだが、ちょっと拍子抜け。濃いめの出汁も、なかなかいい感じ。チャーシューが非常に薄く、味がない。これは、きっと出汁と絡めて食べろと言う事なんだろう。ラーメンと具材をちょこちょこと混ぜながら食べるのも、なかなか楽しい。この調子ならもう少し辛くても大丈夫かな。トッピングは頼まなかったのだが、納豆があるのがちょっと気になる。どんな味になるのだろう。また、残った出汁に炊き込みご飯をいれて食べるのもオススメらしい。今回は暖かい麺にしたが、暑くなると、冷たいのも旨いかも。近いうちに再訪を狙っている。
a0017914_23114712.jpg


More
[PR]
# by ojaga2004 | 2011-01-12 23:12 | グルメ

しゃもじ蕎麦 三六

2010年6月にオープンした本格的な蕎麦屋。広島市内は達磨の系列のソバ屋が多いが、ここは違う。一杯飲んだあとで、締めのソバを食べに来たのだが、本格的なソバに、思わず、次々と注文してしまった。これは「そばがき」。食べたとたん、鼻にはソバの香りが抜けて行く。鰹のきいた出汁とも相性はぴったりである。つまみの類いもたくさんあり、のんべぇには、たまらない。若そうな店主だったが、腕は確かなもの。今度は、1次会から狙いたい。
a0017914_9314129.jpg


More
[PR]
# by ojaga2004 | 2011-01-08 09:31 | グルメ

叙々苑

東京から、チョー高級焼肉店が広島にやってきた。という話だったので、ずーと敬遠していたが、たまたま行く機会に恵まれたので、恐る恐る行ってみた。店頭にいっておどろいたのが、順番待ちが凄い。予約をしていたので、すんなり入れたが、広島にもお金持ちがたくさんいるもんだ。と思ってメニューをみたら、昼間はそこそこの値段。決して目玉が飛び出るような事は無かった。前菜が続く中、待望の肉が。焼きすぎると美味しくないので、少し生っぽい感じで、準備された3種類のタレで頂くのだが、これが、旨い。この肉がうまいのなんの。チョー有名焼肉店だけはある。味から考えれば決して高い店ではない。十分に肉を堪能させてもらった。財布に余裕があれば、また行ってみたい。
a0017914_025483.jpg


More
[PR]
# by ojaga2004 | 2011-01-05 00:25 | グルメ

浜けん

開店してまもないのだが、なかなか客が多くて行く事が難しかった居酒屋、年末になんとか席を確保した。以前は、「まつや」という老舗の喫茶店だったが、駅前再開発?のあおりを受けて閉店、その後に開店した。場所が場所だけにいずれは立ち退くとは思われる。

頼んだのが海鮮鍋コース(4000円)飲み放題。いつもの(?)ウニチーズ豆腐や懐かしのハムカツが出てきた。値段のわりにはリーズナブルで楽しめた。4階席は川を眺める事ができ、夜に眺める川面はライトを反射して、なkなかだった。広島駅から歩いて10分程度だが、なるほど、この値段とこの味なら、店の混雑は納得。
a0017914_2330975.jpg


More
[PR]
# by ojaga2004 | 2010-12-31 23:35 | グルメ

12月

DL数235 順位20 位 / 27295 人中
[PR]
# by ojaga2004 | 2010-12-31 12:53 | 写真

びふ豚屋

NHK裏にあるレストラン。昼に訪れたが、客が多い。頼んだのは、びふ豚定食(250g)。ビーフステーキとトンテキが相乗り。ボリュームタップリ。オリジナルのソースも美味い。キャベツの量が少なく、最後はソースの海で泳いでいたのが残念。食べた後は、満足感で一杯。お腹いっぱいお肉を食べたい時にはおすすめ。
a0017914_14253674.jpg


More
[PR]
# by ojaga2004 | 2010-12-26 14:33 | グルメ

OLYMPUS PEN Lite E-PL1 ART機能

ダイヤルを「ART」に会わせると、なかなか面白い機能が付いている。最近のカメラは凄いねぇ。ただし、形式はJPGのみ。

「ジオラマ」よく見る模型風の写真を撮影
a0017914_0202059.jpg


More
[PR]
# by ojaga2004 | 2010-12-26 00:23 | 写真

氷見の寒ブリ

前から、ずっと食べたかった氷見(ひみ)の寒ブリ、クリスマスイブの今夜、ようやく手に入った。大間のマグロ、関のサバ、と並ぶ氷見の寒ブリは、1つのブランド化されている。それだけに、入手も難しいし、それ以上に高い。庶民に手に入る価格となると、ずっとタイミングを見計らっての「待ち」しかない。その待ちを何年もかけての今夜である。世間はクリスマスイブだとかで、チキンやターキー、さらにキリスト生誕の誕生ケーキを食べるようであるが、キリシタンではない我が家には、炊きたての白いマンマと、旨い刺身があれば十分である。

このブリ、醤油につけると、醤油をはじく。そのぐらい脂がのっている。口の中に入れると、体温で魚が溶けて行く。大トロを食べているのとほとんど食感である。むしろ脂があっさりしているので、いくらでも食べれる。今迄のブリのイメージとは全く違う。例えれば、小僧寿司と江戸前握りのようなものである。確かに氷見がブランドと言われるのは納得である。さて、このブリの美味しさ、どう写真で表現しようか。などと考える余裕もないまま、腹に入ってしまった。食べてから写真に撮れば、もっと美味く撮れたかもしれない。
a0017914_141216.jpg

30D+60mm+LR3

More
[PR]
# by ojaga2004 | 2010-12-25 01:05 | グルメ

olympus pen

子供の頃、penによく撮ってもらっていた記憶がある。ハーフサイズじゃなかったっけ。35ミリを半分に使って枚数を稼ぐ。

お散歩カメラにGRD2を使っている。確かにマクロが寄れるのでいいのだが、デジカメだとボケがどうもイマイチ。パンケーキセットが4万を切ったので、即決。価格コムの最安値メールって便利。

オリンパスは、キャメディア以来。素直ないい描写をしている。オマケの(?)ソフトもなかなか作りがよく、マックでも使い勝手がよさそう。この正月は、このカメラで過ごす事に決めた。どんな絵を吐き出してくれるかとっても楽しみ。
a0017914_2331133.jpg

撮影したのは、GRD2

More
[PR]
# by ojaga2004 | 2010-12-20 23:05 | 写真